• 安全第一
  • s-IMG_0368
  • IMG_0358 (2)
チームワークを活かした施工
安全第一にプラントが稼働できるように
安全第一にプラントが稼働できるように
安全第一にプラントが稼働できるように
Concept

コミュニケーションを大切にした質の高いプラント工事を

イレギュラーが起きないよう情報共有を徹底します

人の手で運ぶことができないような大型の機器・タンク・パイプなど、プラントで必要なあらゆるものを現場に設置する業務を承っております。プラント完成のスケジュールに合わせて先方では稼働時期を決定し、人員や材料の確保などを行うケースがほとんどのため、プラント工事の遅れは依頼主様の経済的な損失にも繋がりかねない大変重要な仕事です。

図面にない警報機の配線や設備配置の仕様変更など、このような情報の共有不足で工期が万が一にも遅れてしまわないよう、情報共有を徹底しながらプラント工事に臨みます。依頼主様が予定通りプラントの稼働を開始して、作業員の皆様が安全第一に仕事ができるよう、お手伝いいたします。

業務内容
Gallery

これまでのプラント工事の実績をお写真で公開いたします

食品加工プラントなどあらゆるプラント工事を担当

Blog

どのようなプラント工事を請け負うことができるのか解説

プラントに関わる専門知識豊富なスタッフが執筆

6
またまた会津から、、、
1
福島、会津出張
9
新潟出張完了☆
7
シャッター下地組付工事
ロゴ
新潟出張!
ロゴ
栃木のプラント工事、重量物設置は吉田機工株式会社で!
ロゴ
HP開設しました
Access

拠点である栃木を中心としたエリアのプラント工事を実施

概要

会社名 吉田機工株式会社
住所 〒322-0031
栃木県鹿沼市睦町2005-1 ポニーヒルズB-203
資材ヤード 栃木県鹿沼市日吉町382-1
電話番号

0289-63-1329

0289-63-1329

携帯番号

080-1329-5655

080-1329-5655

営業時間 8:00 〜 17:00

アクセス

食品の加工に発電システムの稼働、医薬品の生成になど、プラントには様々な用途があり日本の産業の根幹として重要な役割を果たします。関東近隣地域にあるそのプラントを完成させることが仕事であり、従業員様の使いやすさにまで細かく配慮した施工を実施いたします。プラント内部への機器の設置にパイプラックの設置、重量物の搬出などを自社によるワンストップで行います。

About us プラントが無事予定通り稼働できるように施工いたします

安全第一の環境をプラント内に作るために細心の注意を払います

プラントで生産されるものには多種多様なものがございます。一般の消費者が普段口にするような食品の加工や、医療製品・薬の生産などのような物質の生産もあれば、太陽光・火力・水力などのようなエネルギーの生産、工場の廃棄物をリサイクルする施設など、あらゆる種類のプラント工事を栃木県を拠点に請け負っております。プラント稼働においてはスピード感を持って生産に励むというよりは、万が一の事故を起こさないような危機回避がとても大切になってまいります。

プラント内に張り巡らされたパイプには、発電用の高温に熱せられた蒸気が通ったり、強酸性の化学製品が通ったりしているケースも少なくはなく万が一の破裂や漏れなどがないように、施工段階で慎重に組み立てを行います。ガス漏れによる大爆発などあってはならいトラブルが発生しないようにするためには、パイプの繋ぎ目をしっかり補強し、化学プラントの場合はパイプ内の不純物の除去を徹底し、作業員がゆとりを持って動けるスペースを確保するなどのような様々な工夫が必要であり、これらの工事をしっかりこなせるよう、チームワークと仲間達の仲の良さを大切に経営を続けております。

工期の万が一の遅れもでないように情報共有を大切に工事を実施

プラントの稼働はそのまま依頼主様の営利活動に繋がります。そしてプラント工事の経費は莫大な資金が投資されており、その投資に見合うだけの利益が上がるよう大規模な生産を円滑にスタートさせる必要がございます。そのため、プラント完成時期を目安に人員や材料の手配などを予め行うケースも多く、プラント工事の遅れはそのまま依頼主様の損失に繋がってしまいます。この責任を社員一人ひとりがしっかりと自覚し、工期内にプラント工事を完了させるよう日々尽力を重ねております。

中でも工事中のイレギュラーは作業を滞るきっかけになってしまう可能性があります。図面はもちろんしっかり読み込むものの、中にはその図面に書かれていないような警報機の電線が埋め込まれているなどのようなケースも想定されます。また、工事の設計において機器の設置場所の変更があったなど、このような情報共有に漏れがないよう、コミュニケーションを頻繁に行うことで情報共有を徹底してまいります。また、万が一イレギュラーが発生してしまっても、冷静に対処して納期内に間に合うようスケジュールを再調整して対応いたします。